カーネル・サンダースから学んだこと PART2

■今日の質問「それをもって人に信用されるくらいのよい習慣をお持ちですか?」 

-------------------------

 

こんにちは。あきらめかけている人をあきらめない人にするコーチ・森です。

前回はカーネル・サンダースが65歳から新たにビジネスを始めたことと、人間考え方次第で年齢はいくつにでも変換できる、というお話をしました。

 

そのカーネル・サンダース、実は世界で初めてフランチャイズビジネスを始めた人としても有名です。彼はチキンのレシピをレストランで使ってもらい、チキンが一つ売れるごとに4セントのロイヤリティをもらう契約を、各地のレストランと結ぶという営業をしていました。当初はなかなか理解されなかったこの方法ですが、今ではフランチャイズビジネスが世界中で展開されていることは皆さんご存知の通りです。フランチャイズビジネスの「標準化」「テンプレート化」いわゆる、誰がやっても同じ成果が期待できる仕組みは、マイケル・E・ガーバーなどがビジネスモデル構築の原則として取り扱っているほどです。

 

そんなフランチャイズビジネスにつきものなのが「契約」です。

特に現代は、いろんな場面を想定して契約を結びますから、契約に関わる条項も多岐に渡り、しかも細かく決められますね。事故防止の為なので致し方なしとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

カーネル・サンダースも多くのレストランと契約を結びましたが、彼の契約は『シェークハンドコントラクト』とも呼ばれていました。いわゆる「握手だけ」で契約するということです。事の真偽は確かではありませんが、アメリカではそのように言い伝えられています。

 

カーネル・サンダースは「QSC」、いわゆる品質、サービス、清潔さを疎かにするオーナーとは、いくらお金を積まれても契約を結びませんでした。

その代わり、レシピに忠実で、一所懸命お店を磨き上げ、お客様に誠心誠意尽くすレストランとは、細かな内容の話はせずに、すぐに仲間になっていただきたいと契約するのです。なぜならば、カーネル・サンダースも同じようにQSCに徹底的にこだわってお客様からの信頼を得て、お店を繁盛させてきたからです。

 

店舗や商売に対する姿勢から、その人柄を見ていたというエピソードですね。

 

人って、その人の日常の生活態度や習慣からだいたいどんな人かわかるものですよね。そしてカーネル・サンダースのような「プロ」は自分がとことんこだわって築き上げてきたものを通して、その人の誠実さや能力を見極めるのです。

 

あなたは『シェイクハンドコントラクト』を結んでいただけるくらい、あるいはそれをもって人間性を理解してもらえるくらいに、懸命に取り組んでいることをお持ちですか?