出会いが機会を生んだ

■今日の質問「自分が大切にしたいことを発信していますか?」

-------------------------

 

こんにちは。みらい創世舎の森泰造です。

 

皆さんは、椎名雄一さんという方をご存知でしょうか?

ご自身の鬱を克服された経験をもとに現在は心理カウンセラーとして活躍され、椎名ストレスケア株式会社の社長、一般社団法人日本心理療法協会代表理事、そして精華学園高校町田校の校長先生とたくさんの顔を持たれ、日本全国からお弟子さんが集まってくる方です。

 

ご本人が直接カウンセリングにあたったクライアントはのべ3000人以上。そしてのべ12000人以上の実践心理学講座の受講生を集め、メンタルに問題を抱えた方の社会復帰に貢献しておられます。

新聞やテレビなどのマスメディアにも出ておられるので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

先日、私はある女性のご紹介で椎名さんとお会いする機会がありました。そこで、椎名さんの価値観と私の価値観が合致し、なんとその場で私のセミナーの後援をやっていただくことが決まりました。

 

椎名さんの目指されていることは、そのカウンセリングスタイルが超実践的であることで理解できます。メンタル不全を治療することが目的ではなく、その人の人生を輝かせることを目的としてカウンセリングを実践されてきました。それが「成功報酬型カウンセリング」です。その手法は精神科医の先生にも支持されています。詳細はこちらからどうぞ↓

http://j-mental.org/yuichishiina/

 

私も「自分らしさを発揮して楽しく豊かに働けるようになること」を目指したコーチング、リーダーシップのセミナーを行っています。その先にあるのは「よりよい社会」。「子どもがあんな大人になりたいな、早く大人になって仕事したいな」と思える社会の実現です。

 

その話をしたら即、椎名さんのご協力をいただいてのセミナー開催が決まりました。成功している実業家は話が早いですし、何より人間性が素晴らしい。そばにいるだけで、こちらが感化されるような人である椎名さんに応援してもらえるなんて、本当に感激です。

 

私は今回、椎名さんに自分が大切にしたいことを伝えたことで、新たな機会に恵まれました。人は普段、このような思いを胸の中に持っていても、なかなか外に発信する機会はないかもしれません。しかし、人間は情報に反応する生き物です。自分が大切にしていることは意識して情報として発信する機会を持つと、それが人に伝わり、共感する人が現れ、いつしかご縁が出来ます。

 

ご縁が出来ないと嘆く方は、人が反応する発信の方法になっていないか、回数の問題か、またはその両方かと考えてみたほうがよいでしょう。

 

私が人と会うときに心がけていることは、「その人の大切にしていることを知ること」。ストレートに聞いてもいいですが、信頼関係もないのにいきなり聞くと驚かれてしまうかもしれません。

そんな時は、今の仕事を始めたきっかけ、今やっていること、将来チャレンジしてみたいことを質問します。そこで、相手の大切にしていること(価値観)はおおよそ理解できます。もちろん言葉だけでなく、相手の反応からも知ることが出来ます。

これをすることで、初対面の方でも瞬時に仲良くなれるようになりました。

 

椎名さんとお会いした時もそうしようと決めて会ったのですが、先に質問攻めにあい、私は丸裸にされてしまいました。知らないうちに自己開示を自然としているので、自分自身はすごく理解してもらっている感覚になります。このあたりもさすがですね。

 

みなさんのビジネスでもプライベートでも、相互理解を深めるときの参考になればと思い、今日はシェアしました。

 

そして、椎名さんに応援していただく私のセミナーですが、下記の要綱で実施します。椎名さんには司会進行などでもサポートしていただきますので、どうぞご期待ください。

 

特別セミナー

『社員が辞めない会社作り』

~人の多様性に対応するリーダーシップとメンタルヘルス~

 

日時:11月1日(火) 13:30~16:30

会場:小金井市前原暫定集会施設1階A会議室 

東京都小金井市前原町3-33-27

*商工会館となり。JR中央線武蔵小金井駅南口下車徒歩5分

地図 http://map.goo.ne.jp/place/13002646286/map/

講師:森 泰造(株式会社みらい創世舎代表)

参加費:5,000円(税込み)

協賛:一般社団法人日本心理療法協会

 

 

【お申し込み方法】

Eメールにて、「11月1日のセミナー参加希望」とお書きいただき、お名前と連絡先も添えて以下のアドレスまでお送りください。

miraisouseisha@gmail.com

 

 

あなたは自分が大切にしたいことを外に向けて発信していますか?