目的は明確なようで明確ではない

■今日の質問「その手段は本当に自分の目的に沿っていますか?」 

------------------------

 

皆さんこんにちは。あきらめかけている人をあきらめない人にするコーチ・森泰造です。

 

前回は「人生を変える!! 奇跡のアロマ教室」の著者で、入校待ちが出るほど人気の高いアロマスクールを経営されている小林ケイさんをご紹介し、手段の先にある目的を持つことの大切さに触れました。

 

今日は、その小林ケイさんが私のセッションを受けられたときのことについて、ご本人からお許しをいただきましたので書きたいと思います。

セッションの相談内容は、協会を立ち上げたい、男性向けのアロマ教室も開催したい、認定講座を構築したい、その中で優先順位をつけたい、ということでした。

 

以下は、小林ケイさんがセッション後にアンケートに記入された内容です。

--------------------------------------

当初、コーチングセッションを受けたいと思った目的は、目の前にある仕事の課題に対して、

*どれから手を付けたらいいのか(優先順位)、

*何のためにそれらの課題に取り組むのか(モチベーション)

を確認したかったためですが、

実際にセッションを受けてみて、もっと大きなテーマ=自分にとっての仕事の価値、人生の目的や歓びに気づくことができました。

結果、目の前のことに囚われて迷うことよりも、将来のヴィジョンに向けて行動することへ意識転換できました。

 

セッションを受けて3年後から5年後の自分のヴィジョンが見えました。

けれど、もしかしたら意識を高めた状態で仕事を進めていけば、3年、5年よりももっと早くに実現できるかもしれない、とも思っています。

また、定期的にコーチングセッションを受けることで、自分の中もブラッシュアップして、さらなる目標が見えるかもしれない、とも思いました。

 

 頭の中でぼんやりと考えていたことを、質問していただき、口に出して話すことで考えがまとまったり、もっと先のことを考えられるようになったり、頭の中が整理できて楽になりました。

また、普段は生徒に教える立場ですが、逆の立場を体験できて、こういう機会は非常に大切だと実感できました。普段の授業でも、今以上に生徒さんたちとディスカッションしたり、ヴィジョンを聞いたりしていきたいと思いました。

 

 今日のセッションで、自分がこの仕事に出会ったきっかけ=過去から、現在、そして未来のヴィジョンまで1本のラインにまとめていただけたことで、まず、改めて自分がこの仕事に就けたことに感謝しました。そして、自分が本当にやりたかったことも明確になり、より一層自分の幸せのために、そして関わる全ての人のために、まっすぐな気持ちで仕事に取り組んでいこうと気持ちが一新しました。

森さんがご自身のお仕事に熱意と誇りを持っていらっしゃること。ご自身のミッションに対してぶれずにいらっしゃること。それがエネルギーとして伝わってきたことで、私も一段階意識を高めることができたと思います。

森さんのコーチとしての姿勢は、大変深い学びとなりました。2時間という長い時間、本当にありがとうございました。

--------------------------------------

 

小林さんはこのセッションで、本当に自分がやりたかったこと、つまり「世界中のアロマの植物に触れ、感じ、その自然の良さを持ち帰って、人生を好転させたいと思っている人たちに伝えたい」という願望にも気がつかれました。それは、元々彼女の中に持っていらしたものです。

 

忙しかったり、期待されていたりすると、そこを何とかしたいという思いが働き、多くの人はそれが自分のなすべきことの全てのように考えてしまいます。

でもすこし立ち止まって、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことなのだろうか? と考えると、視点が変わり視野が広がります。

 

コーチングでは、自分の想いを言葉にしていく過程で普段では気が付かないことに出会うことができます。

人の可能性が広がる瞬間に立ち会えることは、嬉しいことですね。

 

あなたのその手段は、本当に自分の目的に沿っていますか?