目標が見えないときの目標設定の秘訣

■今日の質問「今携わっている仕事の本当の目標を見つけていますか?」 

------------------------

 

こんにちは。あきらめかけている人をあきらめない人にするコーチ森泰造です。

 

先日、セッションをしたクライアント様から嬉しいお便りをいただきました。

 

この方は教育関係のお仕事に携わっておられ、先生職から管理職へ昇格されたのですが、本人は現場でのお仕事を望んでいらっしゃいました。

それでも一生懸命前向きに取り組んでこられていたのですが、「仕事がしんどくなる時は、本当はこんなこと好きでやってるわけではないと思ってしまう自分がいる。でもこんなことは他の人に言うわけにもいかず、どうしてよいかわからない」状況が目立つようになってきたのです。

 

そして、このままこんな気持ちで仕事を続けることが本当に正しいのかどうかハッキリさせたいということで、私のセッションを受けられました。

その彼女からのお便りをご紹介します。

 

 

森さん、先日はありがとうございました。

 

セッション後の一週間、仕事が楽しくて仕方がなかったです!

やらされている感なく、自分で考えて動いている感じで。

森さんのコーチングすごいです。ありがとうございます!

 

実は秋ごろからどこで誰に話してもなかなかすっきりすることが

なかったので、今回もあまり期待していない自分もいました。

なので、

セッションでは、このもやもやの原因がわかったらいいな、

くらいの気持ちだったのですが、

原因がはっきりしてもやもや感がなくなりました!

 

3年から5年後の姿がセッションの前は全然見えてなかったのですが、

自分自身がしっかり立っているイメージはつかめました。

子どもに関する仕事はしていて、話を聞くことで回りの人の背中を

押している自分でいたいと思います。

 

セッション中はどうなりたいか?どうなったらいいか?という問いを

たくさんいただいて、普段以上に頭をフル回転させていく作業が

苦しくも楽しかったです。

引き出してくださる方がいると、こんなにも前に進めるんだと感じました。

また、わたしの弱いところも教えてくださってとてもよい時間をすごせました。

 

自分自身のことをわかっているようでわかっていないこと、

自分の価値観などをひきだしてくださり、今の自分を俯瞰的に見ることが

できたと思います。そのうえで、どうしたいか、どうなりたいかを考える

ことができました。

セッション後もしっかりと自分の目標を考え自分で動くことができていると

感じています。ありがとうございます。

 

森さんのコーチングはわたしのような自分から昇進したわけでない人、

人の上に立つのが初めての人に、ぜひ!おすすめしたいですね。

 

 

彼女自身はプレイヤー(先生)のときは、目の前の生徒さんの未来の成長した姿がイメージとして描けていて、それを目指しながら毎日の教育に尽力していました。生徒さんの変化も直接感じられるので、貢献心も満たされ、やりがいをもって働くことができていたんですね。

 

でも管理職になり、日々の職責を全うするために忙しい日々を送る中で、プレイヤーのときに大切にしていた「貢献したい気持ち」がいったいどこに作用しているのか明確に見えなくなり、本来自分がやりたかったこと以外の様々な仕事に忙殺されるようになってしまったのです。加えて、プレイヤーの時にはいた同僚も管理職になるといません。

このため、目標を見失っておられました。

 

こんな時に効果のある質問は

「そもそも自分は何をしたかったのか?」

 

ただし

ここで行動レベルでの答えが出てくると、それは迷いを解消する答えにはなりません。

「その行動の先で得たい気持ち・感情」が本当に欲しいものなんです。

 

彼女の場合は、「安全安心の環境を作って、人に貢献すること。ありのままの自分を出せること」などが出てきました。

 

管理職になられて孤独感を感じる機会が増えたため、自身の安全安心の環境が脅かされ、そして人に貢献できているという実感値も不足していたんですね。

 

そもそも「教育」に対して彼女は情熱を持っているわけですから、

「得たい感情を得られるためにできることは何だろう? それを積み重ねるとどんな世界が作れるのだろう?」

といった質問を重ね、「手に入れたい未来図」を明確にしていきました。

 

未来が明確になると、自分のやるべきことも明確になります。

すると、今まで抱えていたモヤモヤや不安が解消されてくるのです。

それが、彼女のお便りに表れていますよね。

 

こうした報告を頂いたとき、私にとってそれは、コーチングという人を幸せにできる技術を学んでいて、本当に良かったと思える瞬間です。

 

人は未来が見えないときに不安になります。

一方で、未来がしっかりと見えている人は、ぶれずに前へ前へと充実した時間を過ごすことができます。

 

そして大切なことは、今のあなたの時間の積み重ねであなたの人生は創られているのです。

あなたは、どちらを選択されるでしょうか。

 

 

あなたは、今携わっている仕事の本当の目標を見つけていますか?