成長の黄金律は学びを行動に変えること

■今日の質問「コーチングを始めてみませんか?」

-----------------------

 

こんにちは。

悩めるリーダーにブレイクスルーを引き起こす人財育成コーチの森泰造です。

 

3月に始まった「管理職1年生がブレイクスルーを起こすリーダーシップ実践マスター講座」では、個人の目標に向かって行動変容を促すセッションを1人ずつ行っていました。

 

それぞれがリーダーシップを発揮して、得たい未来を実現させるための考えや行動を傾聴する時間は、新たな可能性を見いだせる創造性の高い時間です。

 

今日はその中から、学んだことを行動に移したことで大きな成長を手にしているHさんの事例をご紹介します。

 

Hさんは人材派遣会社で、派遣先の会社と派遣社員との間に入って、会社の指示や要望を派遣社員に伝えたり、指導育成したりする、派遣社員を取りまとめるリーダー的な立場です。

 

時には言いにくいことも伝えなくてはいけません。

以前は、

「こんなことを言ったらどう思われるんだろう?」=不安

「でも言わなければいけない」=義務感

といった感情に包まれながら仕事をされていました。

 

Hさんはまじめな方なので、そんな不安や義務感を抱えながらもきちんと伝えていました。

でもこの状態で仕事を進めていると、ストレスも相当溜まりますよね。

 

そんな自分を変えたいという思いもあって、「リーダーシップ実践マスター講座」に参加されました。

ここでコーチングを学び、実践していくうちに大きな変化が表れています。

 

私が講座で教えるコーチングは「相手を幸せにするために相手を理解し、その結果行動変容を起こす」ことを目的にしており、シンプルで使いやすいフレームとしてお伝えしています。

それは、日常会話に自然と取り入れてもらうためです。

 

Hさんの場合は、まず「こんなことを言ったら相手からどう思われるんだろう?」と考えていたことを「相手の未来のために言ってあげる」とマインドセットし、それを「伝える」ではなく「質問する」で表現してきました。

 

「言われたことを自分なりに考えて伝える」から、「言われたことを相手がどう感じ取るかを質問する」に変えたんですね。

そして出てきた相手の話を傾聴し、そもそもどうあればいいのか? をさらに質問します。

そこで出た話を理想として、現実とのギャップを質問します。

 

これだけです。

 

以前は、相手を傷つけないように慎重に言葉を選びながら、「こうしてください」と伝えることに、ご自分の中でとても大きなエネルギーを費やしていらっしゃいました。

けれど、質問に変えることでそのストレスから解放されたのです。

 

これによって、Hさんは派遣先の会社側から伝えにくいことを聞いても、自信をもって相手(派遣社員)に伝える(質問する)ことができている実感が持てるようになりました。

 

そのやり取りの姿を周囲の方々が見て、Hさんの事をさらに信頼するようになったそうです。

 

さらに、Hさんはビジョンやゴールを設定して質問をするようになったので、目の前の人をすごく大切にできているようになったと実感できるようになったそうです。

 

これまで、人に何かを伝える、わかってもらうことに対して、「大変なこと」「簡単ではないこと」と捉えていたのに、コミュニケーションスタイルを変えただけでそれが「簡単でかつ相手が喜んでくれること」に変わりました。

 

心が健康になり、視野が広がり、意欲が湧いて、仕事が楽しくなってきたと言うHさん。

当のHさん自身が、その変化にたいへん驚いています。

 

「相手の事を考え、理解するためにコーチングを実践する」

 

学んだことを忠実に行動にうつしたからなんですね。

 

これからのHさんの、ますますの成長が楽しみです。

 

コーチングはこのように、相手だけでなくコーチングをやってる本人をも成長させてくれます。

 

あなたもコーチングを始めてみませんか?