前進できる人の法則

山口絵里子さん/「カンブリア宮殿」座右の銘(Youtube)より 
山口絵里子さん/「カンブリア宮殿」座右の銘(Youtube)より 

■今日の質問 

「真のリーダーシップを考えてみませんか?」 

-----------------------

 

皆さん、こんにちは。 

悩めるリーダーにブレイクスルーを起こす、 

人財育成コーチの森泰造です。

 

あなたは 

山口絵里子さんという方をご存知ですか?

 

「マザーハウス」という 

鞄製造販売の会社を経営されています。

 

私は彼女を、テレビ東京の人気番組 

「カンブリア宮殿」で初めて知りました。

 

その力強い生き方、 

人を大切に考える姿勢に 

共感される方がたくさんいらっしゃいます。 

そしてマザーハウスは 

その製品の評価も非常に高い。 

実は、私の妻もファンでした。

 

山口さんは、 

小学生の時にいじめにあわれ、不登校に。 

そして中学では、非行に走ります。

 

工業高校では柔道に打ち込み、 

卒業後は慶応義塾大学に入学。

 

その後、留学先のバングラディシュでの 

労働者の過酷な状況を目の当たりにし、 

彼らを活用して世界に通用する 

一流のブランド作りを目指しました。

 

その結果、日本で22店舗、 

海外でも8店舗を展開するブランドとして、 

成功されています。 

まさしく波乱万丈の人生ですね。

 

彼女は、マザーテレサに影響を受け、 

貧しい国として有名なバングラディシュで、 

高賃金で働きやすい職場づくりを 

実現されています。

 

彼女のモットーは 

『皆が一緒にハッピーであること。 

それができると社会は変わる』

 

そんな山口さんの原点は、 

小学校時代のいじめ体験。

 

いじめられて、 

登校拒否になりましたが、 

自分でそれを克服されました。

 

ある日は、学校の門まで行ったけど 

それ以上前に進めなかった。

 

でも翌日はげた箱まで行けた。

 

『昨日よりかは進もう』 

これが思っていたことだそうです。

 

『ちょっとずつ勝たなきゃいけない。 

その勝たなきゃいけない相手は、 

以前の自分に対してであって、 

クラスにいられる人を 

うらやましいと思ったら 

一歩も進むことはできない』

 

そんな気持ちで、自らの力で 

克服したことが原体験でした。

 

その後、 

柔道では全国7位になり、 

工業高校から一流大学に入学し 

現在も自分への挑戦を 

続けています。

 

今も 

『自分はいったい何者なんだ?』 

『持っているカードは全て切ったのか?』 

と自分に問いかけながら 

前に進まれているのです。

 

番組を見て、 

私も大変心を動かされました。

 

彼女は、すべての行動に 

自分で責任を負って生きています。

 

問いかけるのは、 

常に自分自身に対してです。

 

だから、人の事を考えてあげられますし、 

人もついてくるのです。

 

リーダーシップが発揮され、 

成功に導かれている組織では、 

間違いなくその中心にいるリーダーが、 

自分自身へのリーダーシップを 

発揮していると、 

私は講座で毎回お伝えしています。

 

山口さんはまさしく 

真のリーダーシップの体現者ですね。 

 

あなたも、真のリーダーシップを考えてみませんか?

 

※山口さんの発言部分は要約しています