会社への不満をやりがいに変える

【今日の質問】 

自分の影響力が発揮できないところで

ストレスを抱えていませんか? 

 -----------------------

 

こんにちは。 

悩めるリーダーにブレイクスルーを起こす、 

人財育成コーチの森泰造です。 

 

突然ですが、あなたは会社や

今の仕事に満足されていますか?

 

不満や不安を抱えている状態は

ネガティブにとらえられがちですが、

裏を返せば

それだけ問題意識が高いということです。

 

今日は、会社に不満を感じていた

メーカー勤務のHさんが、

会社でやりがいを見つけた話を紹介します。

 

Hさんは、官僚主義的な

前例踏襲型の会社の姿勢に疑問を感じ、

ある日、私にこんな話をされました。

 

「私が在籍する会社に対して、様々なことを変えたい、良くしたいと思って動いていましたが、自分でコントロールできる(直接影響を与えることができる)範囲(役職等)もあり、なかなか会社全体を大きく変えるところまで拡げられておりません」

 

Hさんは、そんな会社に

不満と行き詰まり感を感じていたのです。

 

私は、

「外に目を向けることも大切ですが、ご自身の最も影響力を発揮できるところに注力し、それをとことん尖らせてみたらどうですか?」

と提案しました。

 

すると1週間後、Hさんは、

「これまでは、会社を変えることは大きな壁のように感じていたのですが、自分の部門、自身の業務、部下との関係など変えられるところに焦点を当て、会社内でその影響力を高めることに注力するようになって、仕事に対する達成感、満足度、充実感が大きく変わってきました!

この手法で、自部門を社内ベンチャーとして立ち上げられるくらいに力をつけ、それを持って会社を変えていきたいと思います。もしだめでも、自分で独立できる力もつけられますから、やりがいがありますね」

と充実した表情で話をしに来てくれました。

 

人は何かを変えたい! と思っても、

それがなかなか変えられない状況だと

ストレスや不満を感じてしまいます。

この状況を続けると、

だんだん閉塞的な気分になり、

生産性も下がってしまいます。

 

少し見方を変えて、

自分が影響力を発揮できることに特化して

注力するようにするだけで、

やる気も充実感も大きく変わってきます。

 

それまで会社に対し、

出口の見えない不満を感じていたHさん。

 

今では自分自身の大きな成長を

日々感じておられます。

 

その一歩一歩こそが、

会社を変える原動力になりますね。

 

Hさんはこうも私に話してくれました。

「ここ最近の私の中での変化でもあります。

私自身、これまで自分でコントロールできないところでもがいておりました。

ですが、自分でコントロールできることに注視したところ、自分の道が明らかになってきました!」

 

不満とは、エネルギーなんです。

人財を活かす視点で考えることで、

やりがいや充実感に転化できます。

 

あなたの会社の参考になれば幸いです。

 

 

あなたは、自分の影響力が発揮できないところで

ストレスを抱えていませんか?